ご訪問ありがとうございます

プロフィール

ペイズリー

Author:ペイズリー
東南アジア在住 アラサー主婦
韓国人の夫とのんびり育児中
このブログはリンクフリーです

PR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お気に入りのブログ

かわいくてやさしい布ナプキン

人生が輝き出す名言

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言

presented by 地球の名言

仕事が楽しくなる名言



presented by 地球の名言

今日のお月様

息子

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

2017年 韓国 一日目 びっくりした出来事

20170414_224816.jpg

出発前に空港で食べた夜食


トマト・バジル・モッツァレラチーズのパニーニ

20170414_224820.jpg

温めてもらったのでチーズがとろけて美味しい!


20170414_224825.jpg

サラダ


20170414_224854.jpg

久しぶりに飲んだホットココア


20170414_224833.jpg

いろはすの海外バージョン(?)



今回の旅行は10泊11日の海外旅行でした

最初の目的地は韓国

釜山で夫の親戚の結婚式がありました



今回は初めてAIR SEOULの飛行機に乗りました

エアソウルって、なんだか靴みたいな名前だな~

AIR SEOULは韓国の格安航空会社なので、

機内食もブランケットの貸出もありませんでした



ソウルまでの飛行時間は5時間20分

三列の座席の二席を私・夫・息子の三人でぎゅうぎゅうづめになって座りました

息子は朝までぐっすり寝ていてくれましたが、

だっこしている私は全く眠れず…

空いている座席を貸してもらえないかとCAさんに聞いたら

『ダメ』と言われました…



そして残りの飛行時間2時間を切った頃、

びっくりする出来事が起きました


ドスン!

という音が後方で聞こえたのです

その直後に女性の叫び声、そして周りがざわざわし始めました



お客様が一人、倒れたようです



私達の席は前方だったので、

後ろの席で何が起こっているのかは見えませんでしたが、

何か大変なことが起こっていることは分かりました



今までたくさん飛行機に乗りましたが、

こんな(お客様が倒れる)現場に遭遇したのは生まれて初めてでした



シートベルト着用のサインがついているのに

CAさん達が通路を行ったり来たり、

何やら電話で操縦室のパイロットと話をしている様子…



『お客様の中にお医者さまはいらっしゃいませんか』

の韓国語バージョンが聞けるのか!?

もしかして目的地以外のどこかに着陸しないといけないのか!?



この時飛行機は台湾付近を飛行中でした

台湾に着陸するのかな~

とにかく倒れたお客様(男性)の無事を祈りました



すぐにお医者らしき男性が名乗り出てくださり、

迅速に倒れたお客様の処置にあたっていました



しばらくしてからそのお客様は私達の座る席の前に移動し、

点滴を始めました

20170415_041217.jpg

飛行機には点滴も準備されているのですね



こういう時、平然としているCAさん達ってすごいな~

と感心してしまいました

あらゆる場面を想定して訓練しているんだろうな


images AIR SEOUL
https://www.pinterest.com/pin/329114685255501327/

ボーダーのトップスが印象的なAIR SEOULの制服

ジャケットでもワイシャツでもない、カットソーの生地がすごく新鮮でした



倒れた男性は意識もあり、

トイレまで自力で歩いて行ったりしていました

その姿を見て一安心

はぁー、よかったー



飛行機の中で緊迫した空気を味わったのは初めてだったので、

何事もなく目的地に安全に運んでもらえるってありがたいことなんだな~

としみじみしてしまいました


20170415_052824.jpg

そんなこんなで無事にインチョンに到着



到着後、やることは一つ

朝ごはん!

20170415_060905.jpg

機内食が出ても食べますけどね

セルフサービスのおかずはおかわり自由

素敵な韓国の文化です


夫はビビンパ

20170415_060913.jpg


私はソルロンタンスープ

20170415_061250.jpg

一睡もしていないカラダにしみわたる、やさしい味のスープ



移動はつづきます

ソウルから釜山まではKTXという高速鉄道で移動します

まずは電車に乗ってインチョンからソウルへ移動



ソウルの駅で見つけたホイップクリーム入りのあんぱん

20170415_080749.jpg


『まだ凍っているので30分後に食べてください」と言われました…

20170415_085212.jpg


30分も待てず、食べてしまった

20170415_085334.jpg

たっぷりのホイップクリームがアイスみたいで美味しい!


コンビニで買ったコーヒー牛乳

20170415_081524.jpg

パッケージがかわいい


新幹線の時間まで3時間以上あったのですが、

昨夜から一睡もしていない私は駅の中を散策する気力も体力もなく

カフェで爆睡

20170415_084948.jpg

ナントカティーとエッグタルト

私が寝ている間(約一時間)、夫が息子を見ていてくれました

感謝


新幹線の時間が近づき、コンビニで軽食を買ってから行こうとホームへ向かう途中

見つけてしまったのです

うどんが食べられるお店を!

20170415_104843.jpg

こちらは夫が食べたお蕎麦のような麺

20170415_104908.jpg

抱っこひもしながら麺は食べづらいよね

いつもありがとうございます

私は大好きなうどん

20170415_104926.jpg

韓国のうどんは日本のうどんに似ています

ちゃんと歯ごたえもあって美味しい

ただ、スープは違います

赤いきつねのスープに似ているような、インスタントな味を感じます



そして、出発の時間が近づいているのに

お店で優雅にうどんなんて食べるものですから

20170415_110133.jpg

猛ダッシュでおやつと飲み物を買う始末

20170415_110756.jpg

この緑色のペットボトルは炭酸入りの飲み物


私は炭酸入りの飲み物はいつどんな時でもゆっくりとキャップをひねります

(中身が溢れ出ないように)

それって私にとっては普通の行為であり、考えなくてもできること


でも夫は違いました

新幹線の座席で豪快に炭酸飲料のフタを開け、

中身が勢い良く溢れ出しました

それはもうシャンパンシャワーの如く…

(それもそのはず、猛ダッシュで新幹線に飛び乗ったのだから)

しかも夫はそれを高い位置で開けたため、

前に座っていた女性にまで降りかかりました…


私はすかさずその女性に謝り、ハンカチを渡しました

(ハンカチ持ってて良かった~)

通路を挟んだ斜め前の席に外国人の男性が座っていたのですが、

我々の大惨事の状況を察し、食べていたマクドナルドのナプキンを差し出してくれました…

隣に座っていた韓国人の男性もティッシュをくださり、

なんてやさしい人々ばかりなの(涙)

と感動した頃にはすでに夫への怒りの感情はおさまっていました


怒りを通り越して呆れですわ、本当に…!!

しかも、夫は開口一番 

『びっくりした~』

と言ったのです


いやいや、被害者がいるのだからまずは平謝りでしょう!

幸い、この炭酸飲料はシュガーレス・無着色だったので救われました

これがコーラだったら…なんて想像するだけでぞっとします


私はグレープフルーツ味の炭酸水、

夫はレモン味の炭酸水を飲んだのですが、

夫はこの後

『ペイズリーちゃんがたくさん振り回して持ってきたからでしょう?』

『レモンじゃなくてグレープフルーツ味を飲みたかったのに』

という子どものような発言


一緒に持ってきたんだからグレープフルーツ味もレモン味も気を付けて開けなければ爆発するわ!

私は気を付けてキャップをひねってますから!!



20170415_112410.jpg

大惨事の後、爆睡する夫と息子

座席にはコンセントとUSBケーブルがありました


夫の注意力のなさにはガッカリでしたが、

お陰様で人々のやさしさに触れることができてむしろ感謝

こんな時のために常にティッシュやナプキンを多めにバッグに入れておこう!

そして誰かがこんな状況だったらサッとナプキンを差し出そう!

と思いました



釜山のホテルに着いてシャワーを浴びてこの日は疲れ果てて夕食を食べずに寝ました

二日目につづきます

最後までお読みいただき、ありがとうございます

2016-10-05 123900 (1)




本日もご訪問いただきましてありがとうございます
心から感謝いたします

お帰りの際に応援していただけるとうれしいです(´ω`人)
人気ブログランキング
にほんブログ村





関連記事

<< 旅行に連れて行ったネイル | ホーム | ブルーチーズと旅行前に食べたもの >>


コメント

AIR SEOULとは初めて知りました。今風な制服ですね~
しかし、飛行機の中にお医者さんがいて良かったですね。
点滴まで機内で準備されているのですねぇ・・・。CAさんもいろんな訓練をしているだろうけど、そうそうある事もないでしょうしね・・・。

驚いた経験と言えば、イラン航空に乗った時、離陸直前までドアがちゃんと閉まらなかったことですね~
「もしや、飛ばないのか?!」と思ったら、まさかの「飛んじゃいましょ~」でした・・・。
途中でバカ~っとドアが空いたらどないすんねん!って思いましたよ(ありえそうだし)・・・。まぁ、何事もなかったけど。

炭酸を持って走るのは危険ですな~
うっかりやってしまう事はあるだろうけど、誰かにかかってしまっては迷惑になるし、その「相手」がヤバい人だったら大変ですもんね

周りの乗客や炭酸がかかってしまった人が親切な人で良かったですね

ウチではそういうウッカリはダンナよりも私の方がやりそうなのでドキドキですわ・・・

ラーダさま

こんにちは コメントありがとうございます

> AIR SEOULとは初めて知りました。今風な制服ですね~

私も初めて知りました!新しい会社なのかもしれません
制服はデザインが斬新で何度も見てしまいました

> しかし、飛行機の中にお医者さんがいて良かったですね。
> 点滴まで機内で準備されているのですねぇ・・・。CAさんもいろんな訓練をしているだろうけど、そうそうある事もないでしょうしね・・・。

そうなんです!お医者様が乗り合わせていなかったら、近くに着陸するのかしら…
それはそれで暇人な私は行ったことのない場所に行けて嬉しいけど、
お忙しい他のお客様は目的地で予定もあるでしょうし、大変ですよね

でも人の命の危険が迫っていたらそれを救うために最善を尽くすしかないですし、
万が一のことがあったら一生その出来事を忘れられない…
あの時は色んなことを想像してしまい、無事に目的地に着いた時に神様に手を合わせてしまいました
「何もないこと」にもっと普段から感謝しないといけないなぁ

> 驚いた経験と言えば、イラン航空に乗った時、離陸直前までドアがちゃんと閉まらなかったことですね~
> 「もしや、飛ばないのか?!」と思ったら、まさかの「飛んじゃいましょ~」でした・・・。
> 途中でバカ~っとドアが空いたらどないすんねん!って思いましたよ(ありえそうだし)・・・。まぁ、何事もなかったけど。

ええええエェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?こわーい!!
一応しっかりメンテナンスされているのでしょうけど、ドアがちゃんと閉まらないことを知ってしまったらずっとハラハラしちぃますね

> 炭酸を持って走るのは危険ですな~
> うっかりやってしまう事はあるだろうけど、誰かにかかってしまっては迷惑になるし、その「相手」がヤバい人だったら大変ですもんね

そうなんですよー まったくー 
自分一人が濡れてベタベタになるくらいならいいですけど、人様にご迷惑をかけるのはいかんです

> 周りの乗客や炭酸がかかってしまった人が親切な人で良かったですね

もう、本当にそうです
夫が炭酸水をふりかけてしまった女性も、最初は何が起こっているのか分からない様子でした…
(そりゃそうだ、まさか後ろの席の人がド派手にシャンパンシャワーをしているなんて思わないでしょう)
見ていた私も最初は現実かどうか分かりませんでした(夢かと思った)

これが色付きの飲み物で、ブランド服を来た人やアブナイ人だったらクリーニング代を取られてたところです
本当に周りの人々に救われました

> ウチではそういうウッカリはダンナよりも私の方がやりそうなのでドキドキですわ・・・

おっ!ラーダさまにはそんな一面もあるのですね!意外です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム