ご訪問ありがとうございます

プロフィール

ペイズリー

Author:ペイズリー
東南アジア在住 アラサー主婦
韓国人の夫とのんびり育児中
このブログはリンクフリーです

PR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お気に入りのブログ

かわいくてやさしい布ナプキン

人生が輝き出す名言

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言

presented by 地球の名言

仕事が楽しくなる名言



presented by 地球の名言

今日のお月様

息子

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今週の言葉

20170116_123124.jpg

三度炊く飯さえ硬し柔らかし 思うままにはならぬ世の中

北大路魯山人 1883-1959年。日本の芸術家。


晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていたそうです


北大路魯山人は他にもこんな名言を残しています



日本人が常に刺身を愛し、常食する所以は、自然の味、天然の味を加工の味以上に尊重するからである



書でも絵でも陶器でも料理でも、結局そこに出現するものは、作者の姿であり、善かれ悪しかれ、自分というものが出てくるのであります




自分の尊いことを知らないで何が出来ますか



2017年はもっと自分を大切にしたい!



本日もお付き合いいただきましてありがとうございます

2016-10-05 123900 (1)




本日もご訪問いただきましてありがとうございます
心から感謝いたします

お帰りの際にポチっと応援していただけるとうれしいです(´ω`人)
人気ブログランキング
にほんブログ村








関連記事

<< ミルキーカラーのマーブルペン | ホーム | 友人へのお土産(ファイテン編) >>


コメント

染みますねぇ・・・。
今や電気炊飯器でピッとボタンを押すだけで炊けるけど、こだわる人は土鍋を火にかけてじっくり炊くのでしょうかね・・・

「毎日同じおいしさ」のレトルト食品とかファミレスで食べるものに慣れていると出てこない発想ですね
でも、食べに行く側は「いつもの、あの味が食べたい」って行く訳ですしね・・・

慣れていると思うモノでもちょっとした加減で「いつもの味」にならない事もありますね

ちゃんと神経を注いで「いつもの味」を保つことの難しさよ・・・

陶芸などの焼き物はどれだけ上手く皿に絵を描けても結局、うまく焼きあがらずヒビが入ってしまっては使い物になりませんもんね・・・。

細部に神が宿るって言うけど・・・細やかなところに、その人の個性とか思いが宿るのですかね・・・

ラーダさま

こんにちは コメントありがとうございます

この言葉、後からじわじわ来ました
最初に読んだ時は、自暴自棄な感じに共感できず、
むしろ、三度炊く飯くらい思いのままにできるわ!
なんて思いました

でもそれは炊飯器のおかげです。。。
どんどん便利になっていきますが、失われて行くものも多いですね

テレビのドキュメンタリーで「和食文化が失われつつある」と言っていましたが、
本当にそうだな~と思います
意識して後世に伝えていきたいです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム