ご訪問ありがとうございます

プロフィール

ペイズリー

Author:ペイズリー
東南アジア在住 アラサー主婦
韓国人の夫とのんびり育児中
このブログはリンクフリーです

カテゴリ

最新記事

最新コメント

お気に入りのブログ

PR

やさしくてかわいい♡布ナプキン

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

息子

GBS

2016/01/16

妊娠後期になると健診の際にGBS検査をします。

1452683665326.jpg
出産直後 カンガルーケア中の私と息子


私はGBS陽性でしたが元気な息子を産んでます。


この写真の私の左腕に点滴しているの、分かりますか?
GBSが陽性でも出産の時に抗生物質の点滴をすることで赤ちゃんへの感染を防げます。


そもそもGBSとは?

GBSは「Group B Streptococcus」の略で、B群溶血性連鎖球菌という細菌です。GBSそのものは非常に生命力が弱い菌で、普段は腟や直腸、膀胱、肛門の周りなどにいますが、害を与えることはほとんどありません。1割ほどの妊婦さんが常在菌として保有しているといわれています。(こそだてハックより引用)


36週の健診の時にGBS陽性と言われた時はびっくりしました。
担当の先生にも「GBSは悪いことをする菌じゃない。出産の時に抗生物質の点滴をするだけで、何も心配いらないからね」と言われたけど心配で心配で家に帰ってから「GBSとは」で検索しまくりました。

調べてみると心配には至らず。


妊娠後期は不測の事態を想像して心配するより、本でも読んでリラックスすることに時間を使った方がよっぽど建設的です。


…と妊婦時代の私に伝えたい。


赤ちゃんが生まれると、ゆっくり読書に時間を費やせなくなると思います。
妊娠中に育児の本を読んで予習しておくのも良いですね。
私も予習しておいたので赤ちゃんが生まれてすぐに実践ができました。
今も息子は「泣きやまない」ということがありません。


→もっとおもしろい妊娠・出産ブログはこちらへ
→もっとおもしろい母乳育児ブログはこちらへ


バーゲンブック / 安産力がつくナチュラルなお産の本 / 宗祥子 / 妊娠・出産・子育て / バーゲン本 / 半額 / 送料無料

価格:756円
(2016/1/16 20:34時点)
感想(0件)




赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ [ ハーヴェイ・カープ ]

価格:1,728円
(2016/1/16 20:36時点)
感想(139件)





本日もご訪問いただきましてありがとうございます。
心から感謝いたします。
↓↓↓↓↓お帰りの際にポチっと応援していただけるとうれしいです(´ω`人)

妊娠・出産ランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ
にほんブログ村





関連記事

<< 離乳食 進行状況 | ホーム | 2016年の目標 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム